何故必要なのか

医者と看護師

保菌者の確認は必須

検便検査ができるキットでは、サルモレラ金や腸管出血性大腸菌、毒素産生大腸菌等の発見をする役目をしています。そのほかにも腸炎やノロウイルスも検便検査で見つけることができます。この検査でわかることは健康な人の中に保菌者がいないか等の確認です。稀に症状が出ていなくても自分が感染源になる可能性もあるため、油断は大敵でしょう。特に食品関連を扱う向上は検便検査をしつこいくらいやりますし、食中毒は会社の存続にかかわることなので保菌者の確認は必ず行なうものです。ちなみに検便では一過性の保菌者を見つけることも可能で、この場合何気なく過ごす生活の中で一時的な下知や軟便だった時詳しく検査をすると細菌性であることが判明します。集団で感染する大腸菌だと学級閉鎖や工場の生産が停止する騒ぎになるので検便検査で事前にそれらをキャッチしていきます。

食中毒の原因を探る時に

検便検査では実に様々な菌を発見できますが、食中毒が発生した時の原因究明にも活用されています。また、感染経路を探るため菌がどの経路を伝って侵入してきたのか、食品の汚染によるものなのかあらゆる視点を探りながら検便検査をしていきます。今後同じような事が発生しないよう予防と対策を生かすために行なわれます。また、検便検査ではキャリアの発見にも貢献します。菌を保有している人物が食品に直接触れた場合、周囲に迷惑をかけることになります。これは本人だけの問題ではないため、感染を拡大させないためにも重要でしょう。仮に本人が菌の感染を自覚していなくても第三者に乗り移り感染が成立することも考えられます。これも食中毒を起こす要因なのでキャリアを発見するためにも検便検査が重要です。