妊婦は要注意

ナース

コントロールが大事

最近、血糖値を下げる方法に健康食品が使われていますがそれでも十分対応できるまで質が上がっています。ただ、妊婦だと胎児への影響が心配されるので安易に飲むこともできません。特に妊娠中は血糖値が上昇しやすいので健康食品を使用せず血糖値を下げる方法を知る事が重要でしょう。一番は食事に気を付けることですが妊娠すると体質が変わるためジャンクフードを好んで食べる方もいます。そんな時も血糖値を下げる方法を熟知していれば、万が一の時に活用することができます。

何故上昇しやすいのか

妊娠をすると、血糖値が下がりにくくなるホルモンが大量に分泌されるので、血糖値が上がりやすくなります。妊娠中に高血糖になるケースがありますが、これはホルモンの影響である可能性が非常に高いです。また妊娠中に発見される糖代謝異常を妊娠糖尿病として分類します。判断基準としては空腹時の血糖値が90以上であること、一時間後に血糖値が180以上に達すると血糖値を下げる方法を取り入れる必要が出てきます。ちなみに母体が高血圧になると難産になる可能性がある他、用水過多症、網膜症、多血症、子宮内退治死亡になることがある最も危険な状況です。

避けたい食べ物とは

血糖値を下げる方法を知ることも重要ですが、同時に妊娠中避けたい食べ物を知ることも大切です。GI値が高い食べ物といえばフランスパンや食パン、白米、ジャガイモ、もち、山芋、トウモロコシ、人参、栗が挙げられます。一般的に色が全体的に白いものは血糖値が上昇しやすくなるでしょう。これらの食べ物を極力控えるようにすれば、健康な赤ちゃんを産むことができますし野菜や雑穀を中心にした献立にすると太りにくくなります。