食事の役割

和食

放置は危険

働き盛りの40代が発症する糖尿病は、一度なると二度と完治することがないので上手に付き合っていくしかありません。また、普段通りに生活をするなら糖尿病の食事に気を付けるべきでしょう。糖尿病なのに変わらず脂質や糖質の多い食事をすると目や腎臓、神経にいろいろな症状を引き起こす可能性が高くなります。最悪、失明をする恐れもあるため糖尿病の疑いがある場合は糖尿病の食事を摂り進行を抑える必要があります。糖尿病は、血中に存在する糖分が異常に高くなっていると発症します。また、この高血糖が続くとインスリンから分泌されるホルモンの働きが低下するので血糖値の上昇を抑える食事と薬が欠かせなくなります。また、インスリンの働きが鈍くなると、せっかく沢山分泌しても糖分の活用が難しくなります。そのため、糖尿病の食事を摂りバランスを整えることが重要になります。

療法の目的とは

糖尿病の食事を摂る目的としては過食やまとめ食いを防ぐことです。またこのような状態で食事をするとインスリンが効率よく使われなくなるため要注意でしょう。インスリンの働きをうまくサポートできるのが糖尿病の食事になるため、適量を食べる事が重要になります。また、糖尿病の食事にすることで血糖値の予防につながりますから、膵臓に負担をかけることもなくなるでしょう。ただ、現在糖尿病の薬を飲んで毎日過ごしている人もいますが、それだけでは不十分です。薬を服用しつつ、バランスの整った糖尿病の食事を摂るのが理想なので健康でいるためにも続けていきましょう。